【インバウンド考察】飲食業界の現状と未来!&現場の声をまとめてみました。

Pocket

完全に遂に夏、到来。

隅田川の花火大会を存分に楽しんだセールス担当の川田です。

いやー、日本の花火は本当に最高ですね。

毎年隅田川の花火大会は見に行っているのですが、やっぱり年々海外の観光客の方が増えてきている気がします。

飲食店では「海外観光客」を受け入れずらい?

普段お電話や訪問で飲食関係のWeb担当者の方にお会いさせていただいていますが、そもそもインバウンドを受け入れずらいという声を言われることはまだまだ多いです。

「インバウンドって最近よく聞けけど、うちはいいや」「言葉通じないから混乱してしまう」等々。

まだまだ受け入れるための環境や心理状況は、これからと日々の営業で感じています。

なぜ受け入れるべきか

以前このブログでも海外の方が本当に増えてきているとご紹介させていただきましたが、

日本には訪日客は昨年比23.9%増の199万人もの海外観光客の方に来ていただいていまして、今年は既に1000万人越えという状況。

日本という国に魅力を感じて旅行に来ていただいている海外の方は本当に増えています!

そして、外食産業に目を向けてみると、全体の市場規模は243686円の内、外食店は16兆592億円(約13万法人)

 「飲食ドクター」さんの記事を参考にすると、東京の平成26年は83,333店舗

 
飲食店の店舗昨対ならびに1店舗あたりで使われる平均費用(飲食交際費/店舗数)が凄く減ってきているので、ほとんどの店はこれから増えていく訪日外国人需要をいかに取り込めるかが勝負になってくることがカギとなっています。

 

ジャンル別クライアントまとめ

スクリーンショット (7)
 
私たちは今、『飲食店のための海外観光客をターゲットにした案内・予約・決済サービス』である日本美食をサービスとして展開しています。
じゃあ、今どのようなことが飲食店の現場で感じているのか。営業をしていて私が直接言われるような声をまとめてみました。
 

声まとめ

 
■銀座の広めの焼肉屋さん
 
・既に多くの中国人の方が来店していて、時間帯としてはやはりオープンすぐの17:00または20:00に来店が多い。既存のお客様と時間帯が被らないのは嬉しい
・海外の観光客は比較的には予約時間通りに来なかったり、注文を多く頼みすぎて苦情が来たこともあるとのこと
・銀座という土地柄、これから日本人があまり来ない土日への送客を、インバウンドに期待している
 
■六本木のできたばかりのスペインバル
 
・主に欧米系の観光客が多く来るが英語が使えなくても、なんだかんだコミュニケーションは特に受け入れで困っていないとのこと
・現在、iPadのレジを導入していて、新しいWebサービスの導入を受け入れるのにも抵抗はないとのこと
・オープンしたばかりでそもそも新規顧客が来ることは大歓迎
 
■代官山の隠れ家的なお店
 
・完全予約制かつ、予約数毎に食材を仕入れるため、NoShow(ドタキャン)がかなり致命的。だからこそ、海外の方をあまり受け入れに前向きではなかった。
・クレジットカードを完全受け入れにしたとき、限度額を超えた場合のコミュニケーション・対応が怖いとのこと
・店内を隠れ家的にしているためあまり騒いでほしくないと感じている
 
■麻布の隠れ家的なお店
 
・予約時には日本人とは違うような必ずアレルギーや苦手なものがあるのかも。そういったものをしっかり理解した上でおもてなしをしたいとのこと
・完全予約制で予約数毎に食材やお酒を仕入れるている。NoShow(ドタキャン)がかなり致命的だけれども、食材が決まってないからこそ、お客様の傾向に見せの色は変えられる。
 
 ■銀座のステーキ店
 
・いろんなWeb集客サービスをやっているが、NoShowされても泣き寝入りするしかないのが現実とのこと
・最近始めたWeb集客サービスはキャンセル保証をしているためとのこと。海外の方にも通用すものが欲しい
 
 ■代官山にあるイタリアン
 
・都内は競合が多く新しいことをしないと生き残れないという意識が強い
・現在、ホテルからの送客から徐々に海外観光客が増えてきたと感じているとのこと
 

まとめ

テスト

いかがでしたか?

今回、私が普段クライアント様から本当によく言われているような内容をそのままお伝えしています。

 

ただ、実は上記のお客様の悩みを解決できるのは、僕らのサービスだったりします。

私たちのサービスが、海外の観光客を受け入れるためのインフラになりたいですね!

 

”日本の美食”という最高の文化を、世界に魅力的に発信できるような店舗がもっと増えていくことを願っています!

Pocket

この記事を書いた人

川田 勇輝

Yuki Kawada

日本美食の営業担当。
好きな食べ物は蕎麦、ラーメン、カレー。
シンプルな料理を最高に美味しくできるお店が個人的には好きです。
次は”あなたのお店”に営業に行きます!

このライターの記事一覧を見る>