【冷え性に効く食べ物!!】最近美容やダイエット界で話題の調味料で効果抜群!

Pocket

こんにちは、サトウです〜♪

ここ最近寒い日が続いていて、ヒートテックが欠かせない!家に帰っても手足が寒い、防寒対策だけでは冷たくなった身体、心を温めることはできない!なんてことも(笑)

そんな冷え切った身体に効果的な食べ物がある!!!

今回は冷え性に効く食べ物や話題の調味料をお持ちしました↓

 

身体をあたためる食べ物で体質改善

食材には、「体を冷やす食材」と「体を温める食材」と「中間の穏やかな食材」があるのをご存知でしょうか?
冷え性の方は、意識して「体を温める食材」を摂るように心がけてください。

体を温める食材の基準とは、以下の5つです。

 

1、寒い時に取れるもの(みかん、くるみ、あずき、たら、ぶり)

 

 

2、寒い地方でとれるもの(りんご、さくらんぼ、ぶどう、玉ねぎ)

 

3、色の濃いもの(黒砂糖、玄米、羊肉、黒豆、あずき、黒ゴマ、かぼちゃ)

 

4、味の濃いもの(えび、ニラ、ニンニク、生姜、味噌、醤油)

 

5、地中に向かって伸びているもの(にんじん、山芋、ごぼう)

 

オリーブオイルは冷え性に良い!?

オリーブオイルと一口に言っても様々な種類(ランク)があり、それによって含有しているポリフェノール量などにもかなりの差が出てきます。厳密に言うとオリーブオイルにはエクストラ・バージン・オリーブオイルやオーディナリー ・バージン・オリーブオイル、ランパンテ・バージン・オリーブオイルなど細かい区分があります。

その中でも温め効果を長くしてくれるのが「エキストラバージンオリーブオイル」です。

 

 

 

 
バージンオリーブオイルとは機械的な加工(粉砕や圧搾等)以外に一切の化学的な処理を行わずに抽出されたオリーブオイルで、酸度が2%以下のものを指します。

そのバージンオリーブオイルの中でも酸度が0.8%以下で、義務づけられている官能検査で完全な食味と香りを保っているものには「エキストラ」を付けることができます。酸度の低さはそれだけ酸化していない=鮮度の目安ともなりますので、健康維持などの目的の場合はこの「エキストラ・バージン・オリーブオイル」の使用が好ましいでしょう。

 
オリーブオイルの特徴としてまず、酸化に強いオレイン酸(一価不飽和脂肪酸)が75%以上を占めており、食用油の中では最も酸化しにくい油であると言われていることが挙げられます。
 
オレイン酸には、血中悪玉コレステロールを軽減させる作用があり、血液をサラサラにすることが出来るとされています。サラサラ血液で循環がよくなれば熱が行き届いて冷えが改善するというわけですね。
 

●オリーブオイル利用方法

 

【白湯に入れる】

オリーブオイルを入れたお湯と、入れないお湯の保温実験をしたところ、オリーブオイルを入れたお湯の方が温度を維持するという結果が出ています。白湯は冷えとりの王道とも言える存在・毎度ではなくとも気分でオリーブオイルを入れてみても良いのでは?

 

まだまだ寒さは続きますが、今回紹介した食べ物を使って寒い冬を乗り切りましょう!そして、日本美食が掲載しているなかにも体や心を温めてくれる美味しい飲食店を掲載していますよ♪

 

アプリ 日本美食

 

※日本語も完全対応!!アプリDL是非おすすめします!!※

■Andoroid:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.ribenmeishi.app

■Appstore:https://itunes.apple.com/us/app/ri-ben-mei-shi-jing-xuan-ri/id1135804402?mt=8

 
 

 

 

 

Pocket

この記事を書いた人

峻平佐藤

shumpeisato

日本美食 インターン生 の『サッカーが不得意な香川真司』こと佐藤峻平です。最高の営業マンになるために日々勉強中!!

このライターの記事一覧を見る>