【最新 Alipay・WeChatPayment】オンライン決済 導入事例まとめ!

Pocket

スマホ決済を表す言葉が最近のIT業界では流行っていますね

特に「何とかPAY」!

そんな流行中のスマホ決済でも注目したいのが、やはり訪日観光客が使い慣れているペイメント!

訪日観光客、特に中国人の方々の中での2台巨頭がAlipayとWechatPayment

本日は、そんな2つの日本での最新導入事例をお伝えいたします

 

Alipay(アリペイ)

「支付宝(Alipay)」は、中国の第三者型オンライン決済においてシェア50%を有しており、C2C、B2C、B2B決済をカバーしています。

2004年に、商品が購入者宅に届いてから始めて決済が行われる「エスクロー」を開始したことが中国で受け入れられ急速に普及しています。

日本でも、今では弊社を含めて多くの決済サービスを提供する会社が続々と対応し、日本にも急拡大中です。

【Alipay・WeChat Payment】日本での中国電子決済サービスの導入事例とかまとめてみた【飲食以外】でもご紹介

 

 

WechatPay(ウィーチャットペイ)

WeChatPaymentは中国版LINEと言われるチャットアプリのWeChatを運営しているテンセントが提供している電子決済サービスです。

WeChatは、中国国内で圧倒的な市場シェアで、スマートフォンを持っている人なら誰でも利用しているチャットアプリ。

【Alipay・WeChat Payment】日本での中国電子決済サービスの導入事例とかまとめてみた【飲食以外】でもご紹介

 

全国のローソン13,000店舗での導入!

ここ最近で最も話題にあがったのが、日本ユニシス率いる全国の13,000店舗にも及ぶコンビニ ローソンでのAlipay導入だ。

ユーザーはAlipayのアプリをスマートフォンで開きQRコードを出す、そして店員がレジに金額を打ち込んだ後バーコードスキャナーでQRコードを読み込めば、支払いが終了するという流れだ!

とても簡単であるのに加えて、言語の通じない外国人がコンビニを利用しやすくなる。

たった1つのサービスを導入するだけで、年に2000万人以上日本へ訪れる外国人をアクティブユーザーとしてターゲットにできることはとても大きい!

 

地方の商店街でも!

都市部や大手しかスマホ決済なんて導入してないんでしょ!と思われてる方も多いと思います。

そんな事はありません!

中国人観光客の多い、福岡県 新天町商店街と博多川端商店街、太宰府天満宮門前会の1部店舗39店舗が導入に踏み切っている。

クルーズ船で福岡市に立ち寄る観光客に太宰府天満宮は人気が高く、太宰府市を通して地元商店街にも導入を呼びかけたようだ。

 

無印良品でも導入開始!

2015年4月より、外国人旅行客のショッピングの利便性向上を目指し、インバウンド需要の高い店舗にて免税対応を開始し、快適なお買い物サポートに取り組んでいる無印良品が1部の店舗288店舗でのAlipay導入を開始した。

 

日本交通のタクシーでも!

新生銀行のグループ会社であるアプラスは、日本交通グループのジャパンタクシーと、WechatPaymentの利用契約を締結した。

日本交通が運行するタクシーの東京23区、武蔵野市、三鷹市で全車両約3500台に設置するデジタルサイネージ端末でWeChatPaymentの取り扱いを開始した。

 

その他の大手!

その他にも多くの店舗などで導入が進んでいます。

百貨店では高島屋、近鉄、東急、小田急、東武、大丸。

家電販売店だとビックカメラ、ヤマダ電器、エディオン、上新電機。

総合免税店ならドン・キホーテ、多慶屋、LAOX、キリン堂、杏林堂。

コンビニエンスストアのセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート。など。

 

アプリ”日本美食 Japan Foodie”

 

多くのお店がAlipay・WeChatPaymentを始めとしたスマホ決済を導入しています。

訪日観光客向けのグルメアプリ”日本美食 Japan Foodie”は決済はもちろんその他にも多くの訪日観光客と飲食店のお手伝いをできるサービスがあります。

 

アプリ”日本美食 Japan Foodie”は、インバウンド領域において「完全成果報酬型送客・事前予約・スマホ決済」の3つの機能を備えたグルメサービスを展開しています。

これらを駆使していくのも、インバウンドで取りこぼしなく集客するのにいいかもしれません!

■Andoroid:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.ribenmeishi.app

■Appstore:https://itunes.apple.com/us/app/ri-ben-mei-shi-jing-xuan-ri/id1135804402?mt=8

 

Pocket

この記事を書いた人

谷口怜央

reotaniguchi

名古屋と東京を行き来する17歳
高校を辞め起業
好きな食べ物は豆腐・ポテトサラダ・カレー

このライターの記事一覧を見る>