【PR】東京メトロのオープンイノベーションプログラム に参画!〜「Tokyo Metro ACCELERATOR 2017」最終審査を通過 2018年4月より実証実験をスタート!〜

Pocket

本日、2018年3月1日にPRTIMES様にて、弊社プレスリリースを配信致しましたのでご報告させていただきます。

 

PRTIMES様:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000022842.html

※東京メトロ様プレスリリース:

・公式HP:http://www.tokyometro.jp/news/2018/191486.html

・PRTIMES:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000336.000020053.html


【日本美食】東京メトロのオープンイノベーションプログラム「Tokyo Metro ACCELERATOR 2017」最終審査を通過

〜2018年4月より実証実験をスタート!〜

 

インバウンド向け飲食店予約及びスマホ決済サービス『日本美食(ニホンビショク)』等を運営する日本美食株式会社(東京都港区 代表取締役社長:董路〔ドン ルー〕、以下日本美食) は、東京地下鉄株式会社(東京都台東区:代表取締役社長:山村明義、以下東京メトロ)が実施したオープンイノベーションプログラム『Tokyo Metro ACCELERATOR 2017』に応募し、応募総数112社の中から3度にわたる審査の結果、2018年3月より順次実施される「実証実験」参画企業5社に選出されたことをお知らせします。

 

 

Tokyo Metro ACCELERAT0R 2017とは

東京メトログループが保有している経営資源をスタートアップに開放。
本プログラムを通して東京メトロは新たな事業領域への進出を視野に入れ、スタートアップ企業と共に下記2点の実現を目指しています。2017年に続き2度目の開催。

 

1、スタートアップと一緒に社会課題を解決したい!

数ある社会課題の中でも東京メトロのお客様である「人」に密接する社会課題を解決したい。

 

2、スタートアップと一緒に「東京を楽しく」したい!

幅広い視点で「東京を楽しく」できるように一緒に取り組みたい。東京メトロの膨大なリソースを活用して実証実験を行い、上記1、2を実現することでスタートアップ企業のユニークなサービスの成長の機会を提供し、東京メトロで最終的に事業化し、利用者への新しい価値提供の実現を狙う。

 

◆ 本プログラムで利用できるリソース

・東京メトロを利用する724万人のお客様へのアプローチと地域の玄関口としての179駅

・駅構内店舗、商業ビルなどの関連事業施設

・駅構内広告、デジタルサイネージ、公式サイト、東京メトロアプリ、フリーペーパーなどの各種媒体

・鉄道運行に関して当社が保有する様々なデータ

・その他

 

◆ 日本美食の実証実験

本プログラムにて日本美食は、訪日観光客が東京メトロ沿線の飲食店を快適に利用できる環境作りをします。

東京メトロが運営する4箇所の旅客案内所にて「Tokyo Subway Ticket」を購入したお客様を対象に、浅草駅・上野駅・銀座駅・新宿駅・表参道駅・渋谷駅近辺の飲食店で利用できる割引クーポンを発行します。2018年4月より実施予定です。

 

※「Tokyo Subway Ticket」

旅行や出張等で1都7県(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬及び山梨)以外の国内及び海外から東京に来た際に利用できる乗車券です。改札通過時から24時間、48時間、72時間(3種類)、東京メトロ線全線および都営地下鉄線全線が利用できます。詳細は以下のサイトよりご確認ください。

https://www.tokyometro.jp/ticket/value/travel/index.html

 

《 実証実験の流れ 》

①アプリ「日本美食」に掲載されている飲食店に東京メトロ最寄り駅からのアクセス情報を掲載します。

②アプリ「日本美食」にて割引クーポンを発行し、「Tokyo Subway Ticket」購入者が飲食店で割引サービスを受けることができるキャンペーンをアプリ上で展開します。

③東京メトロ池袋駅直結の駅ビル「Esola池袋」の一部店舗で、日本美食アプリで決済する全てのお客様にご利用いただける割引クーポンも発行いたします。

 

 

日本美食について

来日した訪日観光客の飲食店においての悩み「探せない」「通じない」「払えない」。

この3つの悩みを解消し、同時に受け入れ側の飲食店の悩みを解消すべく、飲食店のインバウンド領域における「成果報酬型送客・多言語対応コンシェルジュ予約・事前決済・店頭スマホ決済」機能を持ったサービスを展開。飲食店と訪日観光客を繋ぐアプリ「日本美食」を運営しています。

スマートフォンのQRコード決済においては中国をはじめとして、全世界44ヵ国の訪日観光客に利用されています。

 

 

現在日本美食社では、多数の上場飲食企業数を始め、ミシュラン星獲得店舗様などの多くの飲食店様にご契約・ご導入いただいております。

 

 

■ 会社概要
<日本美食株式会社>
【社 名】:日本美食株式会社
【所在地】:東京都港区六本木4-2-8
【U R L】:http://www.japanfoodie.jp
【代表者】:代表取締役 董 路
【設立年月】:2015年12月
【事業内容】:訪日観光客向けスマホ決済、海外メディア、プロモーション事業

■本件に関するお問い合せ
 日本美食株式会社 広報担当:川田
 【住所】 〒106-0032 東京都港区六本木 4-2-8

 【連絡先】Mail:info@japanfoodie.jp
      TEL:03-6869-7988

Pocket

この記事を書いた人

川田 勇輝

Yuki Kawada

日本美食の営業担当。
好きな食べ物は蕎麦、ラーメン、カレー。
シンプルな料理を最高に美味しくできるお店が個人的には好きです。
次は”あなたのお店”に営業に行きます!

このライターの記事一覧を見る>